牛肉は自分へのご褒美

不況の真っただ中で家計は苦しいの一言だという人は多いですよね。私も紛れも無くその内の一人であり、なかなか贅沢ができる立場ではありません。特に毎日の食費も切り詰めていますから、食べたいと思うものでも自分の好き勝手に買うことはできないのです。私はお肉が好きで、特にその中でも牛肉が大好きです。しかし、牛肉ってそれなりの質のものを求めると豚や鶏など他のお肉と比べるとちょっと割高なんですよね。ましてや焼肉店で食べる牛肉となれば、半年に一回くらいの頻度でしか行けません。しかしそれでも私にとって牛肉は最高の食べ物なのです。

富士シティオのホームページへようこそ〜牛の個体番号情報検索〜

なかなか食べられないといっても牛肉は私にとって大好物であり、原動力ともなるべきエナジーフードですから、自分が頑張ったと思う時や何かの節目に自分へのご褒美として牛肉を食べるようにしています。スーパーなどでちょっと良質な牛肉を買うのは一週間の仕事を終える土曜日の夜、そして高級牛肉を買ったり焼肉を食べに行ったりするのは一年に二回あるボーナスの日と決めているのです。

米沢牛 しゃぶしゃぶ

このように節目の大きさによって食べる牛肉のランクも大きくすることで、その節目まで仕事を頑張っていこうと思えるようになります。ですから、私にとって良い牛肉を食べる為に仕事を頑張ることができ、そしてその仕事を頑張った節目に牛肉を食べるからこそその美味しさがさらに増すという相乗効果であるのです。

ヘム鉄 30日分【栄養機能食品(鉄・ビタミンB12・葉酸)】通販 |健康食品のDHC

もっと景気が良くて自分の家計にもゆとりがあれば毎日でも良質な牛肉を食べたいところですが、今はこのライフスタイルで日々の生活を頑張ることができていますから、これからも牛肉は自分にとってのご褒美であり続けることだと思います。