インプラントは定期的なメンテナンスが大切です

抜歯などでなくなった歯の部分にインプラントを入れた場合、そのインプラントはそれ以降放置してしまっていいものなのでしょうか。材質的に虫歯なんてなるものではありませんし、メンテナンスが必要なさそうに思いますよね。


でも、実はインプラントは、定期的なメンテナンスがとても大切なんです。毎日の歯周病予防はもちろんのこと、数ヶ月に一回は歯科医へ行って、インプラントの状態と歯茎の状態、周りの歯の状態を確かめて調整する必要があるのです。その理由として、まずインプラントは歯周病が大敵です。人工歯根を支えている骨に異常が出てしまうと、元も子もないですからね。虫歯にはならないと言っても、毎日しっかりと歯磨きをしてあげることが大切です。そして、インプラント自体は虫歯にならないとしても、それと隣り合った歯が虫歯になったり、そこからインプラントを支える歯茎に問題を起こす可能性だってあります。ましてやインプラント事態には神経がないため、痛みという危険信号がありません。異常に気付くためには検診を受ける必要があるんですね。


また、生活しているうちに噛み合わせが変わる可能性があります。インプラントは人口のものですから、噛み合わせの変化に適応できません。これも歯科医で検診をして、現在の噛み合わせが適正であるか確認してもらいましょう。噛み合わせがあっていないとインプラントに必要以上の負荷がかかり、壊れ易くなってしまいますからね。

歯周病科|診療科のご案内|朝日大学歯学部附属病院

インプラントは他の義歯に比べて寿命が長いとはいえ、普段のメンテナンス次第でそれは大きく変わります。せっかく高額な費用を払って手に入れたインプラントですから、できるだけ長持ちするようにしたいですね。