自己破産と債務整理って全く違うもの

東京で働いていた妹が借金を沢山作ってしまい、最後に私に泣きついてきた。可愛い妹だからなんとかしてやりたいが、こちらもまだ社会人になって数年。暮らしていくのに必死で、大きな蓄えなどない。実家に相談すれば両親がなんとかしてくれそうな額ではあるが、それは妹が拒んでいる。このまま東京で暮らせなくなるから、親には知らせたくないのだという。どうしたものか悩んでいたら、大学時代の友人から債務整理専門の法律事務所に相談することを勧めてもらった。友人も少し前に、身近な人の債務整理について調べたりしたそうなのだ。

離婚で得をする方法 慰謝料・財産分与・養育費を有利に勧める方法 - Yahoo!知恵袋

そう言えば最近は、電車の中吊り広告やテレビコマーシャルなどでも、多重債務者に向けたメッセージを目にするようになった。それだけ借金を抱えて苦しんでいる人が多いということか。借金問題がより身近になってしまったのか。不景気だ不景気だと言われていたが、普通に暮らしていく分にはたいした不況は感じなかったので、今まではまるで他人事だった。妹も普通に暮らして作った借金ではなく、都会で見栄を張って生きていくために、贅沢をしてしまったツケの多重債務だ。妹の身から出たサビとは言え、可愛い身内、妹だ。兄としての責任もある。なんとかしてやらなければいけない。

仙台 競売

多額の借金で首が回らなくなるとくれば、まず最初に思い浮かぶのが夜逃げ。そして自己破産だ。夜逃げを題材とした映画などもあり、破産という言葉は聞くと少し怖いが、妹は元々なにも持っていない。これでいいんじゃないかと思うが、債務整理はそれだけではないらしい。

多重債務問題に強いまち 盛岡|盛岡市

自己破産と債務整理は全く違うもので、妹の場合はどのような方法があるのか、まずは専門家に相談に行こうと思う。